精密金型・特殊工具とバイトのことなら高周波精密

ホーム 企業情報製品情報 生産設備等一覧採用情報お問合せ
ホーム > CFRP成形技術


炭素繊維+熱可塑性アクリル樹脂複合材を用いた量産成形技術開発紹介

  紹介例1

    写真はマトリックスにアクリル樹脂を使用した温間プレス成形品
   温間金型とメカプレスによる量産品です。素材投入から製品回収の成形サイクルは約6分で量産しています。
   成形状態は各種成形パラメータを調整した結果、写真のように表裏異形状でも光沢のある状態が可能です。
   表裏の後処理は一切しておりません。
   金型は当社プレス金型技術を駆使したオリジナル設計金型です。


  紹介例2

    写真はマトリックスにアクリル樹脂を使用した温間プレス深絞り成形品
   一枚素材から絞り成形したものです。
   部分裁断はしていません。


  紹介例3

    成形品のトリム加工はせん断プレス加工にて処理しています。
   丸物深絞り品は残念ながら機械加工で処理しています。
   今後は丸物トリム加工もプレス加工できるよう技術開発していきます。

   試作および量産の計画がありましたらお気軽にご用命ください。
  また、数量限定ですが当社オリジナルペントレ−を進呈しております。


   問い合わせ先

     高周波精密株式会社 商品開発室
     電話:047-328-3224  FAX:047-328-1666
     E-Mail: kaihatsu@nk-i.com


ホームへ戻る

Page top